ポランの活動案内

2017年度もひまわりの種まきをしました

 

ひまわりの種を送って福島の子どもたちと障害者施設を支援する活動は今年で2017年度で6年目になります。今年は雫石町の父母会会員の方の畑をお借りしてひまわりを育てました。秋に収穫し、現在ポランの広場の若者とスタッフがゴミを取り除く作業を行っています。

 

 


 

30周年記念講演会・交流会でえごまクッキーを

        販売しました! 

 

11月2日、3ヶ月ぶりにクッキーを焼くことになりました。今回も、好評に付き、前回と同じエゴマを使った2種類のクッキーを。当日はお天気にも恵まれ、材料も揃い、二つのグループに分かれ、スタートしました。手順も前回と同様、気持ちを一つに「上手く再現出来ますように!」と願いを込め、作業は進みました。が、途中、なかなか生地が一つにまとまらず、Kさんの「水を加えた方が良い」という言葉に「そんなはずは…」と不安を感じながらも、どうにもまとまらず、助言通り水を加え、奮闘しながら、なんとか生地が一つにまとまり、二種類のクッキーは見事に焼き上がりました。皆の熱い思いが込められたクッキーが出来ましたが、毎回同じ物を再現する事の難しさを感じました。気温、湿度、環境、気合の入れ方等の微妙な違いも関係するのでしょうか。あらためて、毎回同じものを作ってお店に出すプロの方々は、素晴らしいと思いました。

三十周年記念行事の際は、多くの方々に購入、支援して頂きました。ご協力ありがとうございました。(N)

  【アスナロ通信252号より)